ミソライエ。


 誰だ、俺のWikipediaにロリコンて追記したヤツ!

2017-06

927.美空家式脳トレ千本ノック(その203/1000)

今後の美空家式脳トレ千本ノックの存続を左右する水増し実験編。


【新・魔法探偵ゆえシリーズ

  ある晴れた日の午後。通りのむこうから黒いゴルフバッグを担いだ長身の男が歩いてきたです。・・よく見たら男ではなく龍宮さんでした。
  龍宮さんは普段教室では見せないような満面の笑顔で、頭にはネコミミのようなモノを乗せています。私は勇気をふるって声をかけたです。「ちょっとすみません。何かいいことでもあったのデスか?」すると・・・。


  さて、どうなった!?


思いついたらコメントに書いてね。投稿いただいたお答えを元に、返信記事を作成させて頂きます。
編集の都合上、一部カットになったらゴメン。



脳トレ過去ログ

 

テーマ:魔法先生ネギま! - ジャンル:アニメ・コミック

前の記事  | ホーム |  次の記事

コメント


「今日のこのかさん占いによると、ラッキーアイテムがゴルフバッグとネコミミとスマイルだった。それだけのことさ。」

「この格好の私に目の前を通過された人間は不幸になるんだ。愉快ではないか。」

「ホールインワンを決めたら猫カフェの優待券が当たって和んできたところだ。」

「ゴルフバッグに仕込んでおいた地対空ミサイルで、某国からのミサイルの迎撃に成功した。ネコミミに見えるのは耳栓だ。」

ボワン!
なんと、龍宮は落書帝国のゴーレムだった!
ハルナ「それっ、捕まえた!今年も冬コミ同人誌作成要員一人ゲッツ!」

『これを着けた私を親だと思ってるみたいでな。全員うちの子にする!』
龍宮さんの後ろには、カルガモの如く一列に並んだ子猫たちが連なっていました。

「宮崎に朝倉の足止めを依頼されてな。
良く分からんがこうしていてればいいらしい。」
たしか今日はネギ先生とデートのはず。
のどか…強くなったですね。

真名「ふむ・・・こうすれば君の方から近づいてくると思ってな。」
夕映「へ?」
ガッシ。
真名「・・・というわけで今から君は早乙女達の同人誌作成現場へ直行だ。・・・悪く思わないでくれ」
夕映「え、ちょ・・・いや~~~~!!!」

一瞬目を離した隙に、龍宮さんが消えたです。『あら、龍宮さん、どちら?』『ここですよ、夕映さん!(ひょい)』・・・実はゴルフバッグの背後にネコミミとしっぽが見え隠れしていたのですが、あまりにも龍宮さんがご機嫌だったので乗ってやったです。・・それが、まさかあんなことになろうとは・・・。

近づいてよく見ると、頭に乗せていたのはネコミミではなく巨大なブラジャーでした。私が怪訝な顔をしていると、
『い、いや、これはだな、Gカップでカワイイ下着というのはあまりないからついつい嬉しくて・・くっ、こんなときのためのコレだ!』
そういうと彼女はゴルフバッグを開けて、中に閉じこもってしまったです。入るときゴキって音が何度か聴こえたような気がしたです。

「おお、いいところで会ったな綾瀬。お前にもこれをやろう」
そう言って龍宮さんはふところからネコミミを取り出し、私の頭に強引に装着してしまいました。どうやっても取れません。
「原理は知らんが、30分以内に誰かの頭につけないと、一生取れなくなるそうだぞ?」
龍宮さんはそう仰いながら、ご自身のネコミミをあっさり外して手渡してくれたです。
さて…ハルナは何処にいるのでしょうね?

「いやはや、『どんな相手でも報酬を2倍に出来る』アーティファクト『招く猫耳』・・・さすがにこれは最初胡散臭いと思ったが、本当にこんなので効果があるんだな。これはいいアーティファクトだ!」
・・・たしかネギ先生とのアーティファクトは電磁砲だったはずですが・・・龍宮さんは他の誰かとパクティオーしたということですか?そもそも何でこんな同人エ○ゲくさいアーティファクトが・・・

「綾瀬か、いろいろ言いたそうな顔をしているが、まずはこれを見てくれ」
そういうと龍宮さん髪をかき上げ、私に側頭部をみせてきました
「そうだ・・・私には今、人間の耳がない。だが君の声は聴くことができる。それはこのネコミミがあるからだ。だから今はこのネコミミが私の耳だ。」
どういういきさつでそうなってしまったかまでは話してくれませんでしたが、龍宮さんの顔は誇らしげですらありました。音を聞くことができる以上、ネコミミもまっとうな耳であり、何も恥じることは無いのだといわんばかりに・・・

コケた。

「む?綾瀬か?・・・ああ、このネコミミが気になったか。これはな、あのバカ忍者と『クレーンゲームで先に賞品を取った方が勝ち!負けたら罰ゲーム!』という企画で勝利を決めたネコミミだ。今頃奴は一日耐久逆さ吊りの刑の途中だろうな。・・・いやはや奴との勝利の後ではどうやら表情までほころんでいたようだな。さすがに気を引き締めんといかんかな。ふふふふふ・・・」
・・・こんなアホな企画を立てたのは朝倉さんかハルナのどっちかでしょうが、あんまり油断してると、楓さんに逆襲されますですよ、龍宮さん・・・

「マナ?ダレノコトデスカ?ワタシハミッ○ーマウスデス。ユメノクニヘヨウコソ」
と言ってその場を足早に立ち去った。

「これをつけていたらあの映画館でも学生料金で入れたんだ」

「ででーん。綾瀬、アウトー。」
という朝倉さんのアナウンスが聞こえ、黒づくめの人にネギでお尻を叩かれました。
千鶴さん…朝倉さん達と一緒になって、一体何をしてるですか。

「ふむ、こうすれば某キャラ狙いで某氏から大量投稿を狙えるという依頼が来たんでな。私にはよくわからんが、報酬が破格だったんで受けた。り、リーチせずにはいられないな・・・で・・・リーチだし・・・」
・・・明らかに龍宮さんは人選ミスだと思います・・・こういうのはハルナか風香さんあたりが適任でしょうに・・・

「長瀬、葉加瀬、いや大瀬だったか?」
龍宮さん、クラスメイトの名前くらい、いい加減覚えてください!

龍宮さんは、突然ゴルフバッグの中からブラッシーを取り出し、全力で素振りをしました。
私のおでこを掠めたクラブヘッド。龍宮さんは笑顔を崩さないままこう言いました。
「安心しろ、峰打ちだ!」
もう少しでトマト的惨事になるところでした。

「長谷川のしゃっくりを止めてくれ、と茶々丸に頼まれたんだ。
ビックリさせようと天井裏にあったこれを着けて、アイツの部屋に飛び降りたら、私を見た途端しゃっくりだけでなく息まで止めてしまってな。
今茶々丸が心臓マッサージをしてるところだ。
いや~人間は心底驚くと、面白いリアクションを取るものだな。
笑いが止まらん。」
千雨さん、そのまま目を覚まさない方が幸せかもしれませんね。

「そこにネコミミカチューシャがあったから」

「てへぺろ(・ω<)・・・今のは見なかったことにしてくれ(切実)」

右からはタヌキ耳の楓さんが。
左からはキツネ耳の朝倉さんが。
そして後ろからはカウベルをした千鶴さんが現れて四方から囲まれました。
これは何の嫌がらせ?
いや悪夢でしょうか。
誰か教えて下さい!!

「ないよ。だからこそさ‥‥」

すると突然、龍宮さんは見られてはいけないものを見られてしまったというような顔になり、即座に銃口を私に向けて発砲を・・・

そうです
これは夢なんです
私は今、夢を見てるんです。
目が覚めたとき、
私はまだ12歳
起きたら早速おじいちゃんと哲学話をして
朝ご飯食べて納豆ジュースを飲んで、涼しい午前中に鬱陶しい宿題などというものを済ませて
午後からおじいちゃんと一緒に読書三昧するんです・・・

『これはゴルフバッグではない。ロケット・ランチャーだ。』そう言うと彼女の足首のプロペラが回転し、どこかへ飛んでいってしまった。

「これが天国‥‥じゃなかった、『完全なる世界』へ行く方法なんだそうだ」

「お前、これが見えるのか?
 そうか、お前も私と同じ能力を持っているのか‥‥」

そうすると龍宮さんは「(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!」と答え、去って行きました・・・よく見ると、ザジさんやエヴァさんといったおよそそんなことそんな事とは無縁と思われた人までネコミミを付けて「(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!」と叫んでいるではないですか・・・
こ、これがマヤ文明の言っていた2012年の世界の終わりの予兆・・・!これはネギ先生や魔法世界の皆さんに相談しなくては・・・!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://785778.blog42.fc2.com/tb.php/1011-e6e6e91e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

告 知

最近の記事

脳トレ千本ノック

第3期MVP きつねぎらさん

ブログ内検索

カウンタ

現在の閲覧者数:

みそらけ

耳山貴一さんからいただきました
■美空春団治
 人呼んで奇跡の逆転ブロガー、無礼講を真に受けた唯一の日本人。
 卯年以外は年賀状を書かないことを誓った過去を若気の至りと知り、十二支全部卯化計画常任理事に就任し幾年月。まさに不惑、不惑でんがな。
 又の名をネコネ々キ。「中井K一の大喜利爆破テヘペロ」第14、32、36~38シリーズMVP受賞。第18、21シリーズ優勝。第23、25シリーズいぶし銀、等。

■美空春子
 仮契約カードの称号は「不眠気味のトリックスター」、美空家で最も夏美の中の人に近いと言われたツッコミエキスパート。
 三つ指をついたときの小指の角度が冬木スペシャルというよりはややストレッチプラム寄りの永遠の13~15歳。
 第六回兇悪の寄席優勝/セリフ替えマスター三代目くらい。

バナー
[このブログをリンクに追加](リンクフリー)

最近のコメント

カテゴリ