ミソライエ。


 誰だ、俺のWikipediaにロリコンて追記したヤツ!

2017-06

992.アニメモ(2013年春)

四半期ごとの風物詩。的な。
   
  
タイトルメモ備考評価
宇宙戦艦ヤマト2199リメイクと言うとどうしてもオリジナルの世代からは何かしらの不満が出るものだが、この作品は99.9%、オリジナルを上回っている。オリジナルでは単なる他人の空似だった森雪とサーシャの謎が解けそうで楽しみ。夏へ続く
這いよれ! ニャル子さんW一期同様、特に面白い部分がないのだが、今期は実生活の影響でアニメを観るモチベーションが低かったので、こういう他愛のない作品に救われた感は否めない。
だんだんクー子が可愛くなってきた(←面白い部分あるじゃねえか)
ハヤテのごとく!Cuties「毎回別ヒロインとの別ルート」と言う触れ込みだったので原作でもやれないようないわゆる「○○エンド」を毎回パラレルワールドで繰り返すのかと思いきや、単に原作の単発エピソードをキャラ毎に再編集しただけの軽いラブコメ詐欺だった。各話毎の出来はいい。
よんでますよ、アザゼルさん。Z一期も年間5位という高評価だったが、あいかわらず面白い。そして酷い。同じ話を30分枠で見てみたいという部分もあるが、テンポが速いからこその「どさくさに紛れて」感がいいのかも知れない。
波打際のむろみさん原作は起承転結が曖昧な独特の作風で2巻で飽きたが、アニメは動く、色付き、音(声)が出るの三要素がすべてプラスに働き、原作より数倍面白い。まさにアニメはこうありたい。
変態王子と笑わない猫。「さびしんぼう」(古くてスマン)やココロコネクトのような日常系ファンタジーでかなり好きなジャンル。設定、シナリオとも及第点。子供向けと言えなくもないが、むしろ萌え要素を強くし過ぎて損をしている感がある。
デート・ア・ライブタイトルから「シンフォギア」か「ラブライブ!」的なものを想像してまったくのノーマークだったが、たまたま見た2話が意外性という部分で面白かったので以後録画したが、結局見れていない。再放送でもしない限り、今後見る機会もなさそうだ。
ゆゆ式1話だけ見た。可もなく不可もなく、切ったわけではないが見る時間がなかった。(このコメント、「閃乱カグラ」とまったく同じだなあ。)保留
はたらく魔王さま!録画はしたが、まったく見れなかった。魔王とは縁がないらしい。保留

 
続け、オレの小宇宙!
 

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

前の記事  | ホーム |  次の記事

コメント


今期は日曜日に録り溜めした「団地ともお」「DD北斗の拳」「ニャル子さんW」をぶっ続けで観て、月曜日に「進撃の巨人」「ヤマト2199」を観るという日々でした。
月曜日の朝の疲労感ったらなかったですよw

遅レス

「団地ともお」!そんなのやってたんだ!さすがのチョイスです。

「進撃の巨人」だけ抜いとけば他のは疲れなさそうなんですけどね。あ、ニャル子さんにマジメにツッコんだらだめですよ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://785778.blog42.fc2.com/tb.php/1067-a00062f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

告 知

最近の記事

脳トレ千本ノック

第3期MVP きつねぎらさん

ブログ内検索

カウンタ

現在の閲覧者数:

みそらけ

耳山貴一さんからいただきました
■美空春団治
 人呼んで奇跡の逆転ブロガー、無礼講を真に受けた唯一の日本人。
 卯年以外は年賀状を書かないことを誓った過去を若気の至りと知り、十二支全部卯化計画常任理事に就任し幾年月。まさに不惑、不惑でんがな。
 又の名をネコネ々キ。「中井K一の大喜利爆破テヘペロ」第14、32、36~38シリーズMVP受賞。第18、21シリーズ優勝。第23、25シリーズいぶし銀、等。

■美空春子
 仮契約カードの称号は「不眠気味のトリックスター」、美空家で最も夏美の中の人に近いと言われたツッコミエキスパート。
 三つ指をついたときの小指の角度が冬木スペシャルというよりはややストレッチプラム寄りの永遠の13~15歳。
 第六回兇悪の寄席優勝/セリフ替えマスター三代目くらい。

バナー
[このブログをリンクに追加](リンクフリー)

最近のコメント

カテゴリ