ミソライエ。


 ですのノートに続くですのシリーズはですわんアトムだと思う。

2017-04

984.美空家式脳トレ千本ノック(その226/1000)

【脳トレペナントレース2013夏 第6戦】


 シリーズ・完全なる我が家。

 (参考)
  その204/1000  その204/1000返信
  その207/1000  その207/1000返信



(最上階想像図)


  7階建ての新アジト(1Fはコンビニ)も完成し、各ステージボスも集まった悪の秘密結社「完全なる我が家」。あとは宿敵「白き翼」を向かえ討つだけとなりました。しかしそこは赤松ワールド、血なまぐさい戦いはご法度です。

 そこで萌えにも燃えにも詳しいみなさんから”白黒はっきりさせずになんだかんだ理由を付けて「白き翼」を最上階まで通してしまうような”大人のアイデアを募集したいと思います。

  例)
   2F・環:「私の角一本でも獲れれば負けを認め、潔くここを通してやろう」
   3F・暦:ラカン戦のときの恥ずかしい写真で取り引き
   4F・調:下の階で「調の目を開かせてはいけない」と聞いていたので、目を閉じてる隙にこっそり通り過ぎた
   5F・栞:キスされた時に逆に舌を入れてニャ~ン
   6F・焔だけはアーニャが鈍器のようなものでトドメを刺す


どこか1ステージのみでも可。思いついたらコメントに書いてね。募集期間は2013/06/16 23:55:00まで。

投稿いただいたお答えを元に、返信記事を作成させて頂きます。
編集の都合上、一部カットになったらゴメン。


「脳トレペナントレース2013夏」について

脳トレ過去ログ

 

テーマ:魔法先生ネギま! - ジャンル:アニメ・コミック

前の記事  | ホーム |  次の記事

コメント


2~6F・各フェイトガールズ

ハルナ「私がこっちの世界に来て描いたヤツをちらっと見せたら通してくれたわよ?」

5F・栞:ネギが両手を握ってジーっと見つめ、トドメに微笑んで撃沈させる。

3F・暦:マタタビで部屋を埋めつくす

2F・環:夕映とトイレ問答をさせる

5F・焔:刹那が赤ペンで描いた似顔絵を見せる

1F:コンビニのトイレを詰まらせる

最上階直通エレベーター

とりあえず1FのコンビニでATM

となりのビルと提携して5,6階あたりに連絡通路が通ってる

2〜6階
コンビニで1万円以上のお買い上げでお好きな階のフェイトガールズと握手ができます。

4F・調:六甲おろしオマリーバージョンを大音量で流す

4F・調
芸能人格付けチェック・バイオリン
A.ウィーン・フィルハーモニー弦楽団の生演奏
B.調の演奏

1Fコンビニで発生したゴキブリから逃げ回ってる間にいつの間にか到着。

6F・焔:消火器のピンを引き抜き、ホースの先を対象に向け、強くレバーを握る。

1F・Amazonで取り寄せた素敵なプレゼントをコンビニで受け取る。
2F・環:爬虫類でも魅せるカメレオンパンツをあげる。
3F・暦:日馬富士でも指が入らない琴奨菊まわショーツをあげる。
4F・調:絶対音感養成ギプス型セクシーランジェリーをあげる。
5F・栞:どんな体型でも伸縮自在、バーバパパンツをあげる。
6F・焔:核爆発にも耐えられるホットパンツをあげる。
7F・デュナミス:可哀想なのでビガーパンツを注文。

1Fコンビニ:わらを購入。
2F環:わらを渡して製造した納豆と交換。
3F調:臭いから近寄らないでと言われてとりあえず完食。
4F栞:キスをプレゼントしてほどよい温度の牛乳と交換。
5F焔:120℃3秒間殺菌。
6F暦:牛乳を飲ませて出てきた液体と交換。
7Fデュナミス:液体を捧げて勝利と交換。

習字で勝敗を決める。ルールは漢字で名前を書く。

2F・環:字が汚くて王貞治のように見える。
3F・暦:厂と林の次に日か止か悩んでタイムアウト。
4F・調:目をつぶっても達筆なのは流石だが鯛。
5F・栞:綺麗に整った栞。惜しい!フリガナが「おしり」。
6F・焔:墨汁が蒸発して和紙が燃えてしまった。
7F・デュナミス:気迫を込めて「怒濤主」と書き込むもギャル文字。

白き翼一同「コンビニの『ネギチキ』を揚げる機械から火の手が!!」

6F・焔
アーニャ「いくら丼が食べたかったなぁ~」

毎朝6時に屋上でラジオ体操をやるので近所の皆さんと一緒に参加できる。

来週月曜に避難訓練があるんでその時にお邪魔します。

35年ローンの利息を徐々に引き上げるとあら不思議、フェイトガールズが一人ずついなくなった。

厚生省の方から来たと言い、全員を1Fに集めて“赤痢の予防薬”と称する笑い薬を飲ませて行動不能にする。
「まず貴様が飲んで見せろ」なんて言われても、茶々丸と古菲がいれば多分大丈夫。

全階層緊急メンテナンスの為その日は全員外で待機だった

パスワード5656でいきなり最上階へ

2~6F:糸目でメガネをかけた落語家が旅番組の収録にやっている間に、撮影スタッフのふりをして通り抜ける。

楓「全て夏美殿にお任せv-238でござるよ」

裸になって全身にお経を書き込めば見て見ぬふりして通してくれます。

さっちゃんを巨大化してビルに生卵を入れてシェイクして美味しいカクテルを作ってもらう。

思いっきり壁ドンするとデュナミスが駆け寄ってきて丁重に屋上まで導いてくれる。

ココイチをアジトの目の前に開店させる。

2F~6F:「さぁ来い白き翼!私はちょっと触れただけで倒せるぞ!」

2F・環:有給休暇中の為不在
3F・暦:トイレ休暇中の為不在
4F・調:ログアウト中の為不在
5F・栞:敵部隊に潜入中の為不在
6F・焔:生着替え中の為不在

1Fのコンビニで万引きがあり全員野次馬中で1Fにいた

6Fまではパイオ・ツゥをけしかけるだけで充分。

2F・環:ポケモンカード
3F・暦:ヴァンガード
4F・調:ヴァイシュシュバルツ
5F・栞:バトルスピリッツ
6F・焔:遊戯王OCG

フェイトガールズ「普通の女の子に戻ります」

上空から奇襲

2週に1回くらいのペースでボヤ騒ぎがあり、入浴中だったフェイトガールズが全裸で逃げ惑う

「ペリカン便です」と言いながら「明日菜ぽっかぽか添い寝シーツ」と印刷された箱を出すと全員目をそらし無言で上(の階)を指差す

くーふぇが達磨落としの要領で1Fのコンビニを打ち抜こうとしたが失敗、建物全体が横倒しになる。すかさず7Fに直行したところ、デュナミスに戦闘意欲は残っていなかった。

ちょうど屋上から水のようなものが撒かれていたので、エヴァが氷らせて外付け階段のようにして上って行ったら、階段の終点でチンコ丸出しのデュナミスも氷りついていた。

2F~6Fの各入場料:1000オコジョ
最上階までの直通パス:500オコジョ

コンビニでは明日菜がバイト

1、DMでネギとフェイトのイメージビデオを送る。
2、良い声が聞こえてきた頃合いを見計らって突入。

あやか「それでは、アーティファクトを使えばよろしいんですのね?」

天井の隠し通路からワープ土管で最上階へ

デュナミス「いくら昇ってくるのが面倒くさいからって基盤を沼にして1~6階を沈めてきやがった・・・」

落書帝国で「五百裸漢(ラカン)」を具現化して突入したら全員逃亡した

3F・暦:「ゴロゴロゴロゴロ‥‥」

3F・暦
古「極意ネコジャラシ!」

朝倉「(マイク音声)お~っと、突然フェイト少年が裸で現れたー!」

2~6Fまでガラ空きになったという。

2F・環:またいで通る。

3F・暦:茶々丸が餌付けする。

3F・暦:のどかがかぶる。

6F・焔:トーン切れによって退場。

全員:音楽性の違いで解散のため『白き翼』不戦勝。

直行のエレベーターがついていた

6対6のドッチボール対決を7階で行うことを提案する

8時45分頃に印籠を持って乗り込む。

「第一種低層住宅指定区域に7階建は建築基準法違反だ!責任者を出せ」と言い、コンビニの店員に7階まで案内させる

2F・環:生き別れのムツゴロウとの感動の再開。
3F・暦:生き別れの磯野家との恐怖の再開。
4F・調:生き別れの目玉の親父とのゲゲゲの再開。
5F・栞:生き別れの恋人が性転換で失望の再開。
6F・焔:生き別れの幼馴染で現花火職人との爆裂の再開。
7F・デュナミス「ねぇ~ママ、梨剥いて~。」

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://785778.blog42.fc2.com/tb.php/1076-74f3bb01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

告 知

最近の記事

脳トレ千本ノック

第3期MVP きつねぎらさん

ブログ内検索

カウンタ

現在の閲覧者数:

みそらけ

耳山貴一さんからいただきました
■美空春団治
 人呼んで奇跡の逆転ブロガー、無礼講を真に受けた唯一の日本人。
 卯年以外は年賀状を書かないことを誓った過去を若気の至りと知り、十二支全部卯化計画常任理事に就任し幾年月。まさに不惑、不惑でんがな。
 又の名をネコネ々キ。「中井K一の大喜利爆破テヘペロ」第14、32、36~38シリーズMVP受賞。第18、21シリーズ優勝。第23、25シリーズいぶし銀、等。

■美空春子
 仮契約カードの称号は「不眠気味のトリックスター」、美空家で最も夏美の中の人に近いと言われたツッコミエキスパート。
 三つ指をついたときの小指の角度が冬木スペシャルというよりはややストレッチプラム寄りの永遠の13~15歳。
 第六回兇悪の寄席優勝/セリフ替えマスター三代目くらい。

バナー
[このブログをリンクに追加](リンクフリー)

最近のコメント

カテゴリ