ミソライエ。


 独身(ひとり)というものはいいものだ。現実は半分に、妄想は無限になる。

2017-10

723.美空家式脳トレ千本ノック(その125/1000)

【脳トレペナントレース2011春 開幕戦】


 ネギま!でRPG!



  麻帆良学園前駅に降り立った主人公。右も左もわからないので、とりあえずそこにいた女子生徒に話しかけてみた。

 その生徒の名前と最初の一言とは?

  例)
   ・柿崎「ボク可愛いね。お姉さんとお茶しない?」(0P)
   ・古菲「お箸持つ方が右、お茶碗持つ方が左アル。」(0.8P)
   ・ザジ「・・・・・。」へんじがない。ただのしかばねのようだ。(2P)

  美空家はRPGはほとんどやったことがないので注意が必要だ!


思いついたらコメントに書いてね。NGワード(ネタ)は3つ。ラッキーワードは無し。

募集期間は2011/03/27 23:59:59まで。すっげえ揺れたので急遽2週間にします。なので採点対象は10個までとします。
投稿いただいたお答えを元に、返信記事を作成させて頂きます。編集の都合上、一部カットになったらゴメン。


「脳トレペナントレース2011春」について

脳トレ過去ログ

 

テーマ:魔法先生ネギま! - ジャンル:アニメ・コミック

前の記事  | ホーム |  次の記事

コメント


あやか「あら、ぱふぱふしますの?」

コレット「この前ぴかしゃがね、その時ぴかしゃがね、あの時ぴかしゃがね、ぴかしゃがね、ぴかしゃぴかしゃぴかしゃ・・・・」

エヴァ「フン、このペドフィリアめ。」

美空「えっ!? キミ、私が見えるのっ!?」

さよ「キャッ!」へんじがあった。ただものではないしかばねのようだ。

五月(肉まん120円になります。ニコッ。)

ネギは肉まんを手に入れた。ネギは120円を失った。

さよ「ここは麻帆良学園都市です…なんちゃって…」「友達欲しいなぁ…」
↑いくら話しかけても、イベント発生するまではこれしか言わないぞ。まずは和美を仲間にしよう!

超「会いたかったよご先祖サマ!」

明日菜「私なんて右と左がわかんないわよ!」

夏美「ここは麻帆良学園です。そしてここは一番奥にある女子高エリアです」

和美「・・・。」写真を撮るのに夢中なようだ

まきえ「あれ?きみはじめてみるけどてんこうせいかな?」

あやか「貴方様は・・・ようこそ麻帆良学園へ未来の旦那様」

裕奈「キャッ、いた~い、もう何処見て歩いてるのよプンプン」

木乃香「あや~どないしたん?ボク、ちょうど良かったわ~このカバン明日菜に届けてくれへん?」

届けますか?『はい』
      『いいえ』

女の子3人組「私達は、まほらチアリーディング部です。」

まき絵「HPはヒットポイントのことだよ!MPはえ~となんだっけ…。あ!ムチムチプリンプリンのことだよ!」

真名「おや、ちょうどよかった。誰かは知らないが、手伝ってもらえるかな?」  (はい/いいえ)
↑いいえと答えてもストーリーに影響はないが、はいと答えると『逃げ出したクッキとビッケを捕まえる』期間限定ミニゲームが始まるぞ。成功しても失敗してもチア3人娘の好感度がUP、成功すれば後で隊長が仲間になってくれるんだ!

ザジ??「きみは きけんな そんざい ポヨ。 ぜんりょくで いく ポヨ。」
ポヨ が あらわれた。

夕映「トマトミルクと抹茶コーラ、飲むですか?」
トマトミルクを飲む→ネギのHPが1減った!
抹茶コーラを飲む→ネギのMPが1減った!
どちらも飲まない→夕映「……」夕映の好感度が下がった!
どちらも飲む→ネギは死んでしまった。

ヤス子「ここが じけんの あった
    まほらがくえん です。
    どういうふうに そうさを
    はじめ ますか?」

あやか「おい、デュエルしろよ」

食パンを加えた明日菜「いたたたた、ちょっと何こんな所でぼーっとしてんのよ、
ってそれどころじゃなかった、急がないと遅刻しちゃう」

ハルナ「混沌と悠久に導かれし終焉の咎人よ‥‥
うーんこれじゃ厨二すぎるかな?」

七夏・イアハート「麻帆良学園にようこそ!まずは舞台となるこの学園の概要を案内いたします。」
→Yes please!
 No thank you.

高音「きゃあぁぁぁ!み、見ないでください!」

あやか「武器や防具は持っているだけではなく、ちゃんと装備しなければ意味がないですわ。というわけで私が装備させてあげます♪」
ネギは着せ替えられた

明日菜「ん? 何よアンタ…」→イベントCGムービー突入。コントローラーは手から離しても大丈夫w

エヴァ「とりあえず足を舐めろ。話はそれからだ。」(Yes/はい/OK)

ゆえ吉『リュウゲンヒゴとは、竜ちゃんが”押すなよ”と言うと肥後さんがタイミングを見て押すという故事に由来するです。言われたことをそのまま信じてはいけないという喩えです。・・それで、何が聞きたいですか?』

千鶴「右おっぱいと左おっぱいのどっちがいい?」

刹那「お嬢様は今日も美しい・・・はっ!今のは忘れて下さい!」

夕映「この時間に来る人は大抵遅刻常習犯です・・・私もですが」

ネギ??「あなたはわたし、わたしはあなた。さぁ武器を選びなさい」
A「杖」 B「九条ネギ」 C「フェイト」

史伽「∩(^▽^)∩」

ミソラ

円「私はマドンナ、私はマドンナ・・・ブツブツ」

のどか「ただ今図書館探検部作成・ダンジョンの地図を無料配布しています。」

木乃香「ただし招待状が無いとドラゴンに通して貰えないんえ。」

ハルナ「招待状を手に入れるには格闘大会の決勝まで進むことね。」

夕映「ハローワークは大宮と戸田と北浦和にあるです。」

真名「・・・用件を、聞こうか。」

美砂「今日、食堂のAランチが20%OFFだって!」

ハルナ「Aボタンで調べるでBボタンでメニュー画面を開けるわよ。あ、上下左右の移動は十字キーだから・・・っそれはもう分かってるよね」

美砂「ブラのホックを片手ではずすには人差し指を接合部の裏に差し込んで親指と中指で左右を引っ張るようにつまんでから上下にずらすのよ」

ハルナ「集中線を引くときは中心に画鋲を練り消しで固定するといいよ」

千雨「ん? 小学生がここで何してるんだ。ここは中等部エリアだぞ。道に迷ったのか? 地図書いてやろうか?」 (はい/いいえ)
↑ここではいを選ぶと千雨ルートは絶望的w

まき絵『は、はう、くっくどぅどぅるどぅ?』

円「だからくぎみーって…え?声掛けただけ?おかしいな‥」

亜子「職員室ならこの道をガーー行って左にバーーいけばあるで」

風香「僕は小学生じゃないやい」

3-B生徒「私、もう一回だけ出番あるから、がんばって探してね!」

あやか「あ、あの、一回「お姉ちゃん」て呼んでくれませんか?」
1 お、お姉ちゃん・・・2 ごめんなさい
3 弟になっちゃうと結婚できなくなっちゃいますよ?
1 あやかエンド1
2 あやかルート終了
3 あやかルート継続

風香「売られた喧嘩は買うよ!」

1分後

風香「…よっしゃ、今日はこれぐらいにしといたるわ」

聡美「ある晴れた日の午後、向こうから赤い洗面器を頭にのせた男が歩いてきました。男は洗面器の中の水をこぼさないように、ゆっくりと歩いています。私は気になって、『ちょっとすみません。あなたどうして赤い洗面器を頭にのせて歩いているんですか?』と聞いてみました。すると男は答えました。『それはキミの・・・』・・あ、時間だ。」

高音「呪われた鎧を身に着けると、脱げなくなってしまうので注意が必要ですわ。」


ザジ「…」 ザジは 頭に青い洗面器を乗せている。
ツッコミますか? (はい/いいえ)

↑はいを選ぶとさらに質問

どこにツッコミますか? (頭上の洗面器/頭上の洗面器の色/ピエロのメイク/無口キャラの存在意義)

実は何を聞いても答えてくれないのだが、しっかり採点されているので要注意。

朝倉さん「キミは右?左? ま、どっちでも手加減はしないけど。女の子に手を出すときは周りに気をつけることね。」

美空「
くれなずむ
ろうにきし
かりとかげ
みかんです
めんとすで
だましうち
かかろっと
↑これを一文字一文字正確にメモしておかないと最初からやりなおしだぞ!」

夕映「ここはかつて、五人の伝説の戦士が悪の優等生軍団の侵略から守った学園都市デス・・・・」

キティ「フフフ・・・よくぞ来たな、・・・って
↑この名で表示するんじゃない!」

風香「シーッ!!今かくれんぼ中だから話しかけないで!話なら後でちゃんとお姉さんが聞いてあげるから」

木乃香「今日のラッキーな方角は右やでぇ。右に行くとツインテールのお姉さんが恋愛で困ってるから然り気無く占ってあげると運勢がアップや!」

ハルナ「ここは絵のお店だよ!何か買ってく?」

似顔絵…………………… 300円
るーらん本……………… 1200円
くらーけん・はんど…… 4980円
インフェルノ・アニキ… 39800円
エロのどか………………780000円

ミソラ

美砂「お帰りんこ♪」

五月「誰がビリケンさんだ!」

桜子「あは、この時期は冬眠から覚めた熊が出没するから気をつけてね」

柿崎「私の歌を聞けぇー」

茶々丸「標的確認(ショタッコ、ロックオン)」

美砂「たまにこうやって一人になると両隣の重要性に気付くのよねぇ」

五月「ひっ!!ひでぶっ!! 」

このか「ねえ君、うちのおじいちゃんの頭装備探してくれへん?」

古菲「うわっ!外国人に話し掛けられたアル!」

風香「シャンプーハットは必需品~♪」

エミリィ「喜んで!!!」

超「歴史を放って置けば世界は滅びる。私は滅びの未来を変えるためにここに来たアル」

楓「…!何故完璧な変装がばれた!?」

千鶴「ちょっとくすぐったいわよ」

サクッ

あやか「♡♡!ぜひこちらについてきてくださいまし!」

ネギは10500の経験値を獲得した。
ネギのレベルが上がった。
ネギのレベルが上がった。
   (略)
ネギのレベルが上がった。

ネギのHPが1になった。

龍宮「さて・・・キミは誰とキスをすることになるのやら。面白くなりそうだ」

隊長「このRPGを使うといい。敵に向けて、撃つだけだ。」

赤毛ツインテの人「ちょっとあんた、私とこいつ、どっちがやっさんだと思う!?」
1 赤毛ツインテの人
2 金髪ストレートヘアーの人

あやか「今日はフロントホックですのよ。」

チャオ・リー「にゃんにゃんにゃんにゃんニーハオにゃん♪ゴージャスデリシャスデカルチャー♪美味しいにゃん♪」
ネギは肉まんをもらった

アーニャ「あ、見つけたわよバカネギ!
     べ、別にアンタが心配で転校して来てあげたわけじゃないんだから
     勘違いしないでよねっ!」

アーニャがなかまになった。

アキラ「右も左もわからないって…。とにかくその回転床から降りたほうがいいよ。」

木乃香「プロレス技は危ないからマネしたらあかんで」

円「早く何か計画立てなきゃ‥‥
  わっ!? 君、いつからそこにいたの?」

木乃香「心配せんでええ。一人ぼっちは、寂しいもんな・・・ええで、一緒にいてあげるわ・・・・」
木乃香が仲間に加わった

美空「ねぇ、ここら辺で外人のシスターを見なかった?」

はい →「げっ! そ、その人、怒ってそうだった‥‥?」
いいえ→「よっしゃ、今のうちに‥‥。ありがとね~(逃亡)」

夏美「かわいい子‥‥まずいな。
   あのね、もしもこの辺りで金髪でスマートな女の人とか、
   泣きボクロのあるムネの大きな女の人が話しかけてきたら、
   絶対着いていっちゃだめだよ。
   2人とも背が高くて髪が長くてすごい美人で、
   うふふとかオホホとか笑うからすぐわかると思う。
   いい? 絶対だよ?」

木乃香「食うかい?」(近右衛門の後頭部みたいなものを差し出しながら)

ココネ「(じ~)アナタ‥‥魔法使い?」

はい →「案内する‥‥」
いいえ→「大丈夫、私も。案内する‥‥」

→美空イベントスタート

ハルナ「ねぇねぇ、お姉さんの漫画のモデルになってよ。ぐふふ‥‥」

(画面外から飛んできた本がハルナを直撃→2人駆け寄ってくる)

夕映 「いたいけな少年相手に何やってるですかハルナ!」
のどか「すみません、友達がご迷惑を‥‥」

→図書館組イベントスタート

エヴァ「‥‥‥‥フン」

少女はネギをじっと見つめると去っていった。

※エヴァイベントが始まるのはもう少し先のお話

あやか?「これから大変だと思うけど頑張るのよ。ネギ・・・」

のどか「誰とパクティオーしたか、ですか? 秘密です☆」

ちづ「右に3歩・・・あーもっと左!そこ!そこです!そこでバーンと!・・・あれ?確かにここに埋めたはずでしたのに、発破スイッチ」

ハルナ「最近この学園で謎の吸血鬼騒動があるんだって。

    えっ何で初対面でいきなりこんな話をするかって?
    RPGってそういうもんよ?」

赤松健「ちうたん・・・ハァ・・・ハァ・・・」

古「ここを通りたければ私を倒してみるアル!」

いいえ→「ハッハッハ、冗談アルよ」
はい →「ハッハッハ、冗談アルよ。
     子供なのに勇敢アルな。将来が楽しみアル」

共通 →「からかったお詫びにプレゼントあげるアル。
     この先にある電車みたいな店にこれを持っていけば
     私の友達がタダで1品ご馳走してくれるアルよ」

ネギは超包子のサービス券を手に入れた。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://785778.blog42.fc2.com/tb.php/803-9874dd77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

告 知

最近の記事

脳トレ千本ノック

第3期MVP きつねぎらさん

ブログ内検索

カウンタ

現在の閲覧者数:

みそらけ

耳山貴一さんからいただきました
■美空春団治
 人呼んで奇跡の逆転ブロガー、無礼講を真に受けた唯一の日本人。
 卯年以外は年賀状を書かないことを誓った過去を若気の至りと知り、十二支全部卯化計画常任理事に就任し幾年月。まさに不惑、不惑でんがな。
 又の名をネコネ々キ。「中井K一の大喜利爆破テヘペロ」第14、32、36~38シリーズMVP受賞。第18、21シリーズ優勝。第23、25シリーズいぶし銀、等。

■美空春子
 仮契約カードの称号は「不眠気味のトリックスター」、美空家で最も夏美の中の人に近いと言われたツッコミエキスパート。
 三つ指をついたときの小指の角度が冬木スペシャルというよりはややストレッチプラム寄りの永遠の13~15歳。
 第六回兇悪の寄席優勝/セリフ替えマスター三代目くらい。

バナー
[このブログをリンクに追加](リンクフリー)

最近のコメント

カテゴリ