ミソライエ。


 誰だ、俺のWikipediaにロリコンて追記したヤツ!

2017-08

876.美空家式脳トレ千本ノック(その180/1000)

【脳トレペナントレース2012春 第9戦】


イチかバチかの緊急企画・セリフ替えリベンジ!!

 下の1~4どれでもいいのでAとBにセリフを当てはめてクダサイ。NGはありません。



1




2




2



4


思いついたらコメントに書いてね。募集期間は2012/06/17 23:59:59まで。
タイトル欄に1or2or3or4の数字を入れて下さい。2つ以上繋げてもいいです。繋げて賞をとった場合は得点が2倍になります。

投稿いただいたお答えを元に、返信記事を作成させて頂きます。
編集の都合上、一部カットになったらゴメン。


「脳トレペナントレース2012春」について

脳トレ過去ログ

 

テーマ:魔法先生ネギま! - ジャンル:アニメ・コミック

前の記事  | ホーム |  次の記事

コメント


1巻しかない大トロ食べようとしただけなのに・・・

34

3A「俺は」
3B「脱げない」

4A「でもここからなら見える!」

A「俺達も王国に連れてってくれ~!」
B「・・・高畑先生、いつから『高』の字取れたんですか?」

A:アスナ君、食べたいのを好きなだけ選んでいいよ。

B:ありがとうございます。じゃ、端から端までぜーんぶ。

A:ネギ~、今話して大丈夫?

B:はい。周りに誰も居ませんから。

A:ヘイ、らっしゃい!!何にぎりやしょう?

B:んー、イカに赤貝にカッパ巻き。
でも大将、まず履いてきてくれ。

A:男塾名物油風呂!
B:頑張れ富樫ーっ!!

4・1・3・2

4A:顔が濡れて、力が出ない~。

1A:アンパンマン、新しい顔よ!
1B:元気百倍、アンパンマン!

3A:あ~んパ~ンチ!!
3B:バイバイキ~ン…

2A:良かったね、バタコさん。
2B:そうね、ジャムおじさん。

1

A「おー、なになに、そうか、わたしが占ってやろう」
B「エイラさん呼んでません」

2

A「僕この絵見たことあるなぁ。」
B「《踏み荒らし/Overrun》ですねー。」

3

A「蚊を‥‥滅殺!」
B「‥‥逃がしたか」

A「こんな状況ですが左の子がめだかちゃんに見えたあなた!」
B「末期です!」

A「インディアンポーカー開始!」
B「逆だぞ」

A「スマートフォンの持ち方はそうじゃありませんよ」
B「あっ、ついいつもの癖で・・・」

1→2→3→4

1A「あるぅ日っ♪ 森のっなっかっ♪」
1B「く、クマさんにっ、出会ぁったっ♪」
2A「輝く森の中~クマさんに~出会~った~♪…ってオイオイ」
2B「クマだけじゃないですし、森の中でもありませーんっ!」
3A「クマさぁんのっ♪ 言うこぉとにゃっ♪」
3B「お嬢さぁんっ♪ お逃げぇなぁさいっ♪ …ククク」
4 「いえ無理ですから逃げられませんから、てゆーか笑いましたねひどいですぅーっ!」

A「変わった握り方をする板さんだなあ」
B「しかもハエ取り紙多いし」

3

A「スマイルチャージ‥‥」
B「(ニヤリ‥‥」

A「ちょっと待った―っ!」
B「全員ゴメンナサイっ!!」

A:8時9分半だよ!

B:全員集合~!!

ダメだこりゃ。

A:と~れとれピ~チピチ

B:カニ料理~。

私じゃ放課後ティータイムのコピーは無理ですぅ~。

A:さあアスナ君、動物じゃなく学園長の群れだと思って怖がらずに殺りなさい。

B:よけいコワいですよ!!

A:高音さんが脱げたわ。

B:すぐに次の要員を送ります。

A:美空ちゃんが逃げたわ。

B:大丈夫です。はなから計算に入れていません。

A:パルはそっちにいる?

B:いりません。

関西人なのにベイスターズファンでごめんなさい!

3→2

3A「ようこそ麻帆良サファリパークへ」
3B「それではご開門」
2A「あいかわらず手入れが雑なサファリパークだね」
2B「何で潰れないのか麻帆良七不思議のひとつね」

1→3

1A最新式接着剤なら指2本でもごらんのとおりの接着力!
1B「本当だーすごーい(おおー)」
3A「これを10本セットで3980円!(おおー)」
3B「さらに!最新式接着剤を広範囲に!プラスチック製はけをセットでご用意!(まあー)」

A あなたが落とした高音さんは金の高音さんですか、それとも銀の高音さんですか、それとも銅の高音さんですか
B「多分脱げているのが落とした高音さんだと思います」

4

「ネギ役もあと10分で交替‥‥後は私も攻める側に‥‥!」

「もしかしてオラオラですかぁーッ!」

1→4

1A「せ、せせせせんせえぇ!!襲われる!まずいです!助けて!!」
1B「どうしたんです!?おっ!もっとアングル下げて!」
4A「鑑賞してる!?」

A「おい親父、この暖簾片付けろ」
B「さっきから絡まってしょうがねえ」

4→3

4A「SMなんて嫌―っ!!」
3A「では君の代わりにこの私が…」
3B「まき絵君のリボン攻めを受けて進ぜる」

A「お前がいま使ってるカード。実は俺が昨日トイレで…ガチャッ」
B「え!?もしもし!ラカンさんっ!?」

A:エヴァちゃんが徹夜明けのパルに噛みついたわ。

B:柿崎さんを噛ませて消毒してください。

A「私を応援して下さるのは嬉しいが」
B「VHSの中身を投げるのはやめてくれ」

A「超包子から命からがら逃げ出して来た!匿ってくれ!」
B「タカミチ先生の部屋の方が広くて最適ですっ!」

1→4
1A『はい、もしもし』
1B「NGM31のCD100000枚予約お願いします」
4A「たとえサクラ行為があろうとNGM31のセンターの位置は私!私なのよ!」

A「増えるわかめが」
B「増えすぎた・・・」

3→1

3A「↑↑↓↓←→←→BA!」
3B「フル装備完了!」
1A ズギューン
1B「あーん、やられちゃいましたー。今のグラディウスは難しいですねー。」

A:これっくらいの、おべんと箱に、おにぎりおにぎりちょっとつめて~。

B:海苔の配分おかしいだろ!!

フリーキック蹴る前に笛を吹いたのは、わざとじゃありません~。

A:夏美ちゃんと釘宮が小太郎くんをめぐって睨みあってるわ!

B:修羅場ですか?
わかりました。すぐに佐倉さんも投入します。

…小太郎くんも苦労すればいいんだ( ̄ー ̄)

ネギ先生の本命はほんとに私じゃありません~。

A:道場破りだ!刃牙をブッ倒してやる!!

B:向こうの連載、あと10回で終わりますよ~。

1-3-4

1A「日本代表!連勝ストップです!」
1B「ええ!?何で!?勝ってたのに」

3A「たまにいるんですよ」
3B「応援したチームを負けさせるような人が」

4A「引き分けはノーカンですよね!?」

3-2

3A「お任せください」
3B「水のトラブル」

2A「24時間!」
2B「早く行く!!」

1-3-4

1A「ネギ先生……私、どうすれば」
1B「自分の直感を信じて!」

3A「ロン。24000」
3B「大将戦でようやく逆転できたぜ」

4A「だって国士無双でツモれそうだったんだもん!」

3-2

3A「忍法」
3B「変わり身の術」

4A「これは身代わりって言うんです!」

訂正

↑は3-2ではなく、3-4です

生レバー独り占めしたからって、ここまでしなくても~。

ダイエットした事ないってだけで、なんでそんなに怒るの~?

4→3

4「しまった、ここは女子更衣室・・・謀ったな、ルパーン!」
3A「そういうこった、とっつぁ~ん」
3B「それじゃ、お宝はいただいていくぜ~」

A「虫取りテープこんなに仕掛けたのに1匹も引っかからない・・・」
B「また蚊をし止め損ねた・・・」

A「何よその女は!私とのカンケイは遊びだったのっ!?」
B「『幸せになる資格はない』ってコレか!!」

A「『きょうふのキョーちゃん』って知ってるかな?」
B「おじさん、アレの中に入ってた人。」

2

A「キリンさんが好きです」

B 「でもゾウさんのほうがもっと好きです」

1

A「ネギ先生、大事な話なので人ばらい を」

B「大丈夫です。どうせ明日菜さんですから」

A「パトラッシュが仲間を呼んだね」
B「集まりかけたドラゴンボールどっか行っちゃいましたよ!?」

1→4

1A「ネギせんせー!私との関係はキス以上進展してませんよね?」
1B「別に何もしてませんよ、のどかさん」

4「本人の説明でも納得してくれないの~!?」

1A 先頭変わってオレハマッテルゼ、オレハマッテルゼ粘る
1B「粘れー!オレハマッテルゼー!」

A:出でよ!
この世すべての悪アンリ・マユ!

B:ドブにハマっただけじゃね~か!!

2→1→4→3

2A: じゃあ片っ端から捕まえていこうか。

2B: ワシントン条約にひっかかっりますよ!

1A: ネギ先生、そのアスナさんは…

1B: 偽者ですね。

4A: なっ、なんで分かった?

3A: 知れたこと。
その娘がワシントン条約などという単語を知っているはずがあるまい。

3B: ほっとけ!!

A「アルプス!」
B「一万尺!」

「ア…アシュラマンだぁー!!」

A「アフリカゾウとホッキョクグマが同じ場所に。」
B「人類の業の深さ!」

A「あなたが選んだカードには△のマークが描かれていますね。」
B「す…すごいです!DaiGoさん!当たりです!」

A「ダチョウと四本足の動物が合わせて9匹、足の数が合わせて30本のとき、ダチョウは何匹いるでしょうか?」
B「高畑先生、分かりません!」

A「サービスタイムは…」
B「これでオ・シ・マ・イ♡」

A「あなたは誰の中のカフカさんですか?」
B「美空さん以外の誰かだと思います。」

「助けて!ビブリオ・ルーランルージュ!」

「上から来るぞ、気をつけろ!」

A「ネギ先生?高音で・・・」
B「すぐにお姉さまの着替え持って行きます」

4

「そんなに脚を開くと穿いてないのがバレますよ」

4

「見せられないよ!」

1

A「ちょっと、何か用なの?」
B「いえ、このカード下から覗くと見えるんです。」

A「ネギ、その娘、私じゃなくてメイちゃん!」
B「本当だ。ごめんなさいアスナさん」

※名無しガチ話

A「僕に助けられて天寿を全うできた動物達が助けに来てくれたよ」
B「高畑・T・タカミチ‥‥『ターちゃん』!?」

A「かりあげフェチって、そこまで!?」

3A「わたしはネオパイオ・ツゥ」
3B「すべての貧乳、すべての並乳、すべての巨乳を揉み、そしてわたしも揉もう。永遠に!!」

A「新春モノマネかくし芸『HOT LIMIT』、練習始めるぞ」
B「それでは風を吹かせてくれ」

A「ウルフクロス・・」
B「カモ~ン!」

3→2

3A「あの忌々しいタカミチを倒すため・・・」
3B「我がデュナミスの切り札召喚!」
2A「どうだタカミチ!この愛くるしい動物軍団を!」
2B「貴様はこの動物軍団に手を出せるか!出せまい!」

A「めだかりあんをこれだけ増やしました!」
B「人間いねぇ!」

A「見せてやろう」
B「本物のドジョウ掬いというものを」

1

B「すみませんどちら様ですか?」
A「好きなCVで再生してもらって構わないわ。」

3

A「この手の構え方」
B「ギリギリで厨二っぽいって言われた」

A「『完全なる世界』幹部とは仮の姿」
B「その正体は影道総帥!」

バイオハザード6好評制作中!

2

A「みんな亀の足の速さに合わせている!」
B「なんて空気の読める動物達なんだ!」

4

「ゴメンなさい。その顔の真似はこれが精一杯です!」

A「み、皆さん、瞬の声が変わったからって私に当たらないで!」

3→2

3A「マガジン本誌では残念ながら規制されたが」
3B「下半身も含めた究極の全裸デュナミスの姿、ここでとくとご覧じろ!ふんっ!」
2A「しば・・らく・・・」
2B「待ち・・・ください・・・」

2→1→4


A「動物園の檻が壊れたって噂は本当だったんだね」
B「落ち着いてる場合じゃないですよ!」


A「‥‥というわけなの。ネギ、助けて!」
B「わかりました! すぐ援軍を手配します!」


A「猛獣をもって猛獣を制す‥‥って、私の方がピンチですー!」

A「お掛けになったパクティオーカードは現在念波の届かないところにいるか、寝ています。」
B「アスナさん、召喚しちゃいますよ?」


A「カメが走ってるぞー!」
B「デカタマ!?」

A「象描いて力尽きた感じだな。」
B「しーっ!」

4→1→3→4


A「はわわわ、唐揚げにレモンをかけただけなのにー!」


A「ネギせんせー、助けてくださいー!」
B「はぁ、唐揚げにレモンを‥‥」


A「判決」
B「死刑!」


A「そんなー!」


※名無しはそれほど気にしません

A「亀を踏んで蹴飛ばせば一網打尽にできないかな」
B「どこの配管工ですか!」

A「妾の座は渡さないわ!」

1→1→1

A「ラーメン1杯お願いします」
B「僕はラーメン屋さんじゃありませんよ?」

A「ああ、すみません。それじゃ握り寿司の梅お願いします」
B「お寿司屋さんでもありません」

A「ああ、すみません。それじゃラーメン1杯お願いします」
B「ええっと、だから‥‥」

A「いいえ私は」
B「ナゾのシスターです」

まともに書き込む時間が取れなかった今回、最後の悪あがきはさせてください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://785778.blog42.fc2.com/tb.php/965-0fdc699d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

告 知

最近の記事

脳トレ千本ノック

第3期MVP きつねぎらさん

ブログ内検索

カウンタ

現在の閲覧者数:

みそらけ

耳山貴一さんからいただきました
■美空春団治
 人呼んで奇跡の逆転ブロガー、無礼講を真に受けた唯一の日本人。
 卯年以外は年賀状を書かないことを誓った過去を若気の至りと知り、十二支全部卯化計画常任理事に就任し幾年月。まさに不惑、不惑でんがな。
 又の名をネコネ々キ。「中井K一の大喜利爆破テヘペロ」第14、32、36~38シリーズMVP受賞。第18、21シリーズ優勝。第23、25シリーズいぶし銀、等。

■美空春子
 仮契約カードの称号は「不眠気味のトリックスター」、美空家で最も夏美の中の人に近いと言われたツッコミエキスパート。
 三つ指をついたときの小指の角度が冬木スペシャルというよりはややストレッチプラム寄りの永遠の13~15歳。
 第六回兇悪の寄席優勝/セリフ替えマスター三代目くらい。

バナー
[このブログをリンクに追加](リンクフリー)

最近のコメント

カテゴリ